アトピーの子供と泊まれる宿をゆこゆこで探す!?もう旅先の食事で悩まない!

ゆこゆこで探すアトピーの子供と泊まれる宿!もう旅先の食事で悩まない!?

☆思い出づくりをあきらめない!

何らかのアレルギーに苦しんでいるお子さんがどんどん増えています。ざっくりとしたところでは4人に1人がアトピーだと言われるようになりました。

日頃は、朝夕の食事に加え、学校に持たせる弁当にまで細心の注意を払っていても、いざ家族旅行となると、たちまちご両親の思考は停止してしまうのではないでしょうか。

ネットで検索してみても、“アトピー性皮膚炎の子供と泊まれる宿”はごく限られています。予算や場所が合わなかったり、これはと思う宿はすでに予約で埋まっていたりと、歯がゆい思いがつのるばかりです。もちろん、お部屋のみを予約する都市型ホテルであれば、寝る場所を確保するだけなら問題はありません。

しかし、一泊二食が基本となる温泉地の旅館となれば、やはり話は大きく違ってきてしまうのでした。何とか自前の夕ご飯を持ち込むことが許されても、ご両親だけが豪華な懐石料理に舌鼓を打つというわけにもいかないでしょう。子供に我慢させるくらいなら、温泉旅行なんか行かなくていい。そう考えてしまうのが、親としての当然の情に違いありません。

☆用意されてる?安全なアトピー食!

意外と知られていないのが、あらかじめ温泉旅館などが用意しているアトピー食です。

わざわざ宣伝費をかけてまでリスクのあるアトピーのお子さんを呼び込むことはなくても、観光地にある多くの宿泊施設が常にアトピー食を提供しているのは確かです。宿泊施設が積極的でないのは、食材の仕入れだけでなく、調理器具や調理場所、調理担当者まで別に用意する必要があるからです。その上、万が一にもアレルゲンが混入すれば、どんな不測の事態が起こるか分かりません。特に繁忙期には、不慣れな派遣の仲居(女中)さんも数多く働いていて、うっかりミスによる食器の取り違えも十分に発生し得るからでした。

しかし、それでも温泉地の大型旅館やリゾート地の観光ホテルが、日常的に多種の“アトピー食”を準備しているのは本当です。重度のアトピーではない子供の場合など、チェックインの際に突然申し出る親御さんも珍しくはありません。トラブルになることを避ける意味からも、調理場には様々なアトピー食の素材がストックされています。

但し、あなたのお子さんのアレルゲンが複数の食材に及ぶ場合や、喉の内側の気道を塞いでしまうほどの激しいアレルギー反応を起こす場合などは、必ず事前に宿泊施設に申し出ておく必要があります。いえ、軽いから良いというものではないので、安心で安全な楽しい旅行をするためにも、予約前の段階から問い合わせをしておくべきでしょう。お盆期間や年末年始、ゴールデンウイークなどには断られる可能性も否定はできません。なるべく早期に連絡を取って、宿泊施設側と根気よく交渉を行ってみて下さい。ただ、施設によって割増や特別料金となる場合もありますので、その分が旅行費用のご負担となるかもしれません。こちらもカレンダーしだいで交渉の余地ありです。

☆翌日のお弁当も依頼する!

コンビニの弁当よりはかなりの割高ですが、事前に注文しておけば、アトピー食のお弁当を用意してくれます。旅行先で、アトピー食対応のお店を探すのは案外難しいもの。ちょっと豪華な彩で、プロが手作りしたお弁当を味わうのも旅の楽しみとなるでしょう。

☆アレルゲンは文書で伝える!

ファックスや電子メール、もちろん封書のお手紙でもかまいません。簡単に電話で伝えるのではなくて、できる限り細かく、調理の責任者が直接確認できる文字として宿泊施設側に伝えておくべきなのです。言い間違いや聞き間違い、メモの書き間違いなどは起こり得る問題です。例えば「玉子がダメ」と言っても、魚の煮付けや甲殻類など、お腹に卵を持っているだけでも不可となることがあるからでした。その情報を持っているのは、やはりご両親しかおられません。文字として書き表すことで、普段は意識せずに除いている食材を思い出すこともあるでしょう。

※残念ながら「ゆこゆこ」にも、アトピー食対応の宿というコーナーはありません。ただ「身体に優しい施設検索」が用意されているので、それらを参考に宿へ問い合わせてみるのがおすすめの方法です。



「温泉の選び方」

国内の温泉は、大まかに言えば11種の泉質に区別されています。このうち、アトピー性皮膚炎の治療に効果があるとされているのは、単純温泉・硫酸塩泉・酸性泉・炭酸水素泉・塩化物泉・含鉄泉・硫黄泉・放射能泉(ラドン泉、ラジウム泉)の8種です。一番お奨めなのが酸性泉。小さなお子さんの場合は、比較的刺激の少ない単純温泉からトライしてみるのも良いでしょう。酸性泉がお奨めなのは、アトピー肌で悪さをする黄色ブドウ球菌を殺菌する作用があるためで、副作用の強いステロイド剤に頼っている状態であれば、体調をみながらですが、1日3〜4回に分けて入浴を繰り返してみて下さい。

もちろん、泉質が肌に合わなかったり、源泉かけ流しなどで湯温が高すぎたりすれば、かえって症状を悪化させる可能性があるので、温泉との相性によっては思い切って入浴を中止すべき場合もあるでしょう。

同じ温泉地であっても、山側に源泉があるお宿と海側に源泉のあるお宿で泉質に違いが生じていたりもしますので、こちらも直接施設に確認なさってみて下さい。数か月も長期滞在する湯治に比べたら、一泊二日程度の温泉旅行は気休めに過ぎないのかも知れません。しかし、それでも、お子さんの心に与える“家族との楽しい体験”の効果には計り知れないものがあると思います。ご参考にして頂ければ幸いです。

ホテル温泉宿格安プラン『ゆこゆこ』販売サイトへ

激安、格安だけじゃない!口コミで大評判の『ゆこゆこ』他ではあり得ない豪華な料理で大満足!

本格的な旅行シーズンの到来です。それでは、宿泊予約サイト「ゆこゆこ」についても簡単にご紹介しておきましょう。

「ゆこゆこ」にはバラエティー豊かな温泉宿が勢ぞろいしています。目的地から探すも良し、お値段で選ぶも良し。あなたを魅了するさまざまな企画が目白押しなのでした。

他の旅行サービスと比較して「ゆこゆこ」がずば抜けているのは、何と言っても「お料理の内容」ではないでしょうか。品数、素材、味付け、それに目玉のひと品と、それぞれのお宿が創意と工夫を凝らした豪華な逸品たちが迎えてくれるのです。お値段からは想像できない大満足な内容ばかりなのでした。

これは、一にも二にも「ゆこゆこ担当者」の地道な努力の積み重ねによるものです。長年お宿との間に築き上げてきたマンツーマンの厚い信頼関係が、圧倒的に他のバーチャルな宿泊サイトとは違うのでした。

どんなに小さなお宿であっても、担当者が自ら現地へ足を運んでいます。実際に宿泊して、お湯に浸かって、もちろんお料理を食べて、宿泊施設の側の皆さんと共に悩んで、一生懸命に話し合って最高のおもてなし料理に辿り着いているからでした。

どのお宿が提供している献立も、同じ値段なら必ずワンランク上のものが約束されています。あなたの期待を裏切ることは絶対にありません。ゆこゆこ担当者とお宿の皆さんが自信を持ってお届けする「感動」を、この機会に、大切なあの方とご堪能なさってみてはいかがでしょうか。

このページからも『ゆこゆこ』オフィシャルサイトへリンクが貼ってありますので、ご紹介した基礎知識を参考に、是非あなたの旅の嬉しいお宿情報をじっくりとご覧になってみて下さい。ご予約前、直接お宿に問い合わせれば、常にアトピー食に対応している施設であれば、思っているよりもすんなり話が進んでいくはずです。今年こそ、たくさんの感想を親子で味わってみて下さい。

激安!格安!で大評判ゆこゆこ利用者の口コミ、やや辛口のコメント

「お値段が格安な分、私たちの泊まった宿はかなり古かったです。昭和初期のたたずまいに往時の風情がありましたが、設備的に時代からは相当遅れている感じでしたね(笑)。でも弱食塩泉のお湯がすごく良くて、息子のアトピーもその晩はかゆみが和らいでいたみたいです。口コミ通りにお料理が抜群でしたね。アトピー食も快く引き受けてくれて、見たこともない豪華な料理を嬉しそうに食べてる姿に、思わず主人と目をうるませてました。仲居さんや旅館の皆さんがとても親切で、いろいろ教えて頂いた観光案内も大変役に立ちました。次回の旅行も絶対ゆこゆこで選ぶつもりでいます。」(40代女性/3人家族)

 
ホテル温泉宿格安プラン『ゆこゆこ』販売サイトへ

このページでは、旅行を計画中の方々が安い価格や料金で通販や申し込みが出来るように、楽天やamazonなどのショッピングモールの販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料、代引き、コンビニ後払いOKで購入出来るかどうか、無料、お試し、トライアルキッド、トライアルセットがあるか、ポイントはあるか、値引きはあるか、返金、返品保証、保障はあるか、などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャルやCM、コンビニ、専門店、動画などを情報源に、Twitterの口コミ、facebookのクチコミ、ブログ、レビュー、旅行会社、旅行代理店、ツアー、バスツアー、温泉、観光地、名所、一泊二食、一泊朝食、素泊まり、レンタル、チェックイン、チェックアウト、添乗員、ガイド、旅行、トリップ、トラベル、ジャーニー、飛行機、客船、クルーズ、船旅、海外、宿泊、航空券、飛行場、レンタカー、ホテル、予約、フロント、レストラン、じゃらん、るるぶ、国内、国外、クーポン、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、作り方、服用方法、レシピ、サプリ、ケア、子供、女性、原料、材料、素材、安全性、有効性、天然、自然などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、簡単、手軽、メリット、デメリット、男性、メンズ、10代、20代、30代、40代、50代など、ケースによっては人気ランキング形式などで比較しておすすめして行きます。オークション情報(ヤフオクなど)、在庫、在庫有り、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、動画、NAVERまとめ、アットコスメ(@COSME)、VOCE、Domani、Grazia、MISS、女性誌などからの情報やテレビ、雑誌、週刊誌の話題についても調査して行きます。

ライブチャットを始めるには?はコチラ